カトリック富岡教会のこと。



ボクはおたる運がっぱ。

小樽運河に住んでいるよ。



小樽商大の学生たちが“地獄坂(じごくざか)”と呼ぶ

長い坂の途中に

奥まって

カトリック富岡教会は建っているよ。



昭和4年建築のゴシック様式で荘厳なその建物は

なぜか心をひきつけるよ。

いつまでも残りつづけてほしい

歴史的建造物だね。



となりにある幼稚園には

石原慎太郎東京都知事・石原裕次郎兄弟も通っていたんだって。



写真のボクがいつにもましてボヤボヤでごめんなさい。
スポンサーサイト



お花とあそんだよ、のこと。



ボクはおたる運がっぱ。

小樽運河に住んでいるよ。



春らしい、あたたかい日がつづきます。



野の花たちの色があざやかになってきたよ。



春はきもちがいいね。







しあわせのテングザクラさん、のこと。



ボクはおたる運がっぱ。

小樽運河に住んでいるよ。



やまぴーの住んでいる天狗山に

一本の大きなエゾヤマザクラがあるよ。



小樽の桜前線フィナーレをかざるのが

このサクラの木。

数日前に満開になり

小樽の街を見下ろしているよ。



このサクラの木、天狗桜(てんぐざくら)とよばれていて

満開になるとハート型に見えると有名なんだ。



ピンクのハートにみえるかな ?



しあわせのテングザクラさんだよ。

not フォーリンラブ but フォーレンダム、のこと。



ボクはおたる運がっぱ。

小樽運河に住んでいるよ。



一昨日のことだよ。

小樽に大きな豪華客船「フォーレンダム」がやってきたんだ。



その大きさといったら・・・

お隣の大きな倉庫が、やけに小さく見えてしまうよ。

全長は237.9メートル。 いつも見ているフェリーの2倍はありそうだね。





夕方には次の目的地・ロシアに向けて出航したよ。







これは船見坂から。

その名のとおり、港へ続くように見える急な坂道から船が見える

小樽らしい坂道だ。

港に停泊するフォーレンダムは、

船というより、まるで大きなビルみたいだね。







こちらは手宮方面から。

フォーレンダムが港を埋め尽くしている感じだなぁ。



ちなみに手前にあるのは幌内鉄道の橋脚跡。



幌内鉄道は北海道で初めての鉄道で、

小樽港からは石炭の搬出がさかんに行われていたんだ。



機関車から船に直接石炭を積み込めるように

海の上にまで線路が突きだしていたんだよ !



今は、かもめさんの休憩所になっているけどね。

今年のサクラはどうしちゃったのかな、のこと。



ボクはおたる運がっぱ。

小樽運河に住んでいるよ。



ボクは手宮公園のサクラがたくさん咲くのを待っていたんだよ。

もう咲いたかなぁと思ってみにいったら

ソメイヨシノは、花は少なく葉っぱがめだつよ。



花は満開なんだけど

花の数がすごく少ないんだ。

山桜の種類だけが

濃いピンクの枝を海からの風に揺らせているよ。







この現象は手宮公園だけじゃないみたい・・・



去年は満開の花の枝をみせてくれた

小樽のサクラたち。

今年はどうしちゃったのかな。



のんびりやさんの花びらたちが

葉っぱに先をこされちゃったのかな。



ここ数年、このような年が何回かあるみたい。

来年はたくさん花をつけるといいのにね。



プロフィール

otaruungappa8484

Author:otaruungappa8484
ガラスの浮き玉に乗って「とおいくに」から一人旅の途中、小樽運河に流れ着いた運がっぱ。 “まち”も“ひと”もほっこりあたたかい小樽がとっても大好きになって、小樽運河に住むことにしました。 お散歩が趣味だけどよく迷子にもなる、素直でやさしいかっぱの男の子です。好きな食べ物は、ウニ丼と道産アスパラ。かっぱだけど、きゅうりよりアスパラが大好きなのだそう。 天狗山の天狗やまぴーや、しゃちほこの帽子を被った子犬のシャチくらら、ウンチクふくろうのゆう福といった仲間達と仲良く小樽で暮らしています。 また名前に【運】がついているので、かなり縁起のいい運がっぱなのです !

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR